頭皮ケアにはオイルが良い!

乾燥肌の人に役立つオイル、ホホバなど

頭皮ケアにオイルが使えます。使う上で注意したいのは、オイリー肌の人が使うと余計に皮脂分泌が促されて、フケも増えます。できものや痒みも出てきますから、使用は控えるべきです。乾燥肌の人に適したのがオイルですが、使うことによって、乾燥性のフケを抑制出来るのが強みと言えます。フケは肌質を問わずに出てきますが、乾燥肌の人にも出てくる厄介なトラブルです。頭皮ケアに適した物は「ホホバ」です。それは基本的に酸化しないメリットを持ち、水分保持能力に特化しています。普通は酸化する油ですが、ホホバは空気中に晒されても酸化しない特性を持つのは強みです。その理由はワックス成分を含みますから、空気の影響を大して受けず、性質上は状態の変化がしにくいのがポイントです。乾燥肌の人がホホバを使えば、長時間、外部からの刺激や乾燥から守ることが可能となります。乾かないですから、ドライな頭皮を手入れするには最適の物と言えます。他には椿油が機能します。これはホホバほどではないですが、乾かない性質を持ちます。分子は小さめですから、吸収率も良く、保湿作用に優れているのがメリットです。両方を混ぜても役立ちます。

頭皮ケアする時に使う物に注意、酸化しやすいオイル

頭皮ケアを行う場合、ホホバや椿油は適しています。しかし、オリーブやグレープシード、スイートアーモンドとボリジから抽出したオイルは酸化しやすく、刺激の要因になるのが問題点です。ホホバは特性として空気に晒されても劣化しないのがポイントですが、その他の油は空気中に晒されれば、酸化してしまいます。特にスイートアーモンドから得た油は非常に酸化しやすく、デリケートな性質を持つと言えます。どうしても使いたいなら、頭皮に付けてマッサージした後に2時間後にシャンプーで洗浄して、洗い流す必要があるでしょう。その理由は、スイートアーモンドの油は酸化すると刺激を与えやすいからです。また、劣化速度が速いですから、2時間あたりが限界だと思われます。それ以上、頭皮に付けていると刺激や痒みの原因になるのが問題点です。頭皮ケアに適すのが、やはりホホバです。酸化しない特性と保湿効果、使いやすさからして乾燥肌の人に適すのがメリットとなります。中にはホホバが合わないと判断される方もいらっしゃいますから、刺激になるなら椿油に切り替える必要はあるでしょう。椿油は酸化しにくい上に、糖質や保湿成分を豊富に含みます。

リマーユシャンプー

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です